かれん: 2012年3月アーカイブ

何年か前に、親知らずを抜きました。

 

特に何か痛みがあったとか言うわけではなかったのですが、歯茎に穴があいていて、そこに食べ物のカスが入ってしまうと、どうしても虫歯になりやすいので、抜いたほうがいいと言われたからです。

ちょうどその手前の奥歯が虫歯の治療が必要だったので、その治療と一緒に親知らずを抜くことになりました。

最近、また歯医者に通っているのですが、今度は前回抜いた方と反対の親知らずの部分の歯茎に穴が開いているのを発見されました(汗)。

とりあえず、食べ物カスが溜まらないように、気を付けて歯磨きするように言われましたが、また抜くことになったらいやだな~(涙)。

 

顔がはれても調剤業務には支障はありませんが、でもやっぱり大変です・・・。

このアーカイブについて

このページには、かれん2012年3月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはかれん: 2012年2月です。

次のアーカイブはかれん: 2012年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク